忍者ブログ
ADMINWRITE
岡山・愛媛の痛くない整体 どれみ自然整体院の院長のブログ。
どれみです。


新年おめでとうございます。

毎年元日から仕事していたので、お電話をいただいた方々ご迷惑をおかけしました。。。

症例としてはほとんど挙げていないものの、昨年は肩の痛みで来院される方が非常に多かったのが印象的でした。

最近は施術の精度も向上しており、改善までにかかる施術回数も少なくなってきたと実感できています。

その中でも症状の酷い方の症例報告をします。



50代 女性 主婦

10年以上前から右肩が痛くなり、次第に痛みが激痛に変わってきた。

病院で診てもらうと五十肩だろう?との診断でステロイド剤の投薬での治療を行ってきた。

しかし、痛みは和らぐどころか酷くなる一方で、肩が全く動かせなくなった。

結局、病院では『痛みとうまく付き合ってください』と言われ、事実上匙を投げられた状態になった。

その後、いろんな医療機関や整体へ通ったものの一向に良くはならず、あきらめていたところだという。

友人の紹介で当院への来院の時には、右肩を動かせるどころか、鎖骨から胸・背中・肩甲骨周りを触れるだけで大声が出る程の激痛!!

出来るところからゆっくり施術を施すことに。

少しずつ緊張をほぐしていき、自然な肩・肩甲骨の稼動をつけていく。

さすがに1回目の施術後は、大きな変化はなかったものの回数を重ねていくことで、痛みは徐々に和らいで行った。

横になることはできても、全く寝返ることができなかったのが、現在では痛みなく起き上がることが出来るようになった。

まだ完全改善までには施術が必要ではあるがここまでくれば、更に改善スピードは向上していくことはほぼ間違いない。


良く頑張って来られましたね。と声をかけると、『もう他に行くところがないんです』と涙ながらに喜んでくださいました。

もう少しですね。一緒にがんばりましょう!!

拍手[2回]

PR
どれみです。


50代 男性 会社役員

数週間前から右肩に痛みがあり、腕を上げたり、後ろに回したり、服を脱いだりすることが困難になってきた。

次第に寝ている夜中に疼きが出るようになり、夜間痛にも悩まされるようになった。

病院に行くと、レントゲンの診断の結果、五十肩ということで湿布薬を処方してもらっただけで、特に治療もなく「放っておけばしばらくしたら痛みはなくなりますから」と言われただけだった。

その後、右肩に加え左肩も同じような症状が出始め、両肩の夜間痛に悩まされることになった。


以前からメンテナンスで来院されている奥様からのご紹介で当院に来院。

最初の施術の時は肩甲骨を始め、肩関節の可動域がほとんどといっていいくらいない状態。

それが、施術を始めて数回目で後ろに回るようになってきた。

まだ痛みは少しあるものの、シャツを脱ぐことも出来るようになってきた。

しかし、この方の場合の夜間痛は取れにくかった。

実は本来なら夜間痛は比較的早く取れる場合が多い、ところがこの方は横になって寝ることが癖になってしまっていて、
仰向けに寝ていても無意識のうちに寝返りを打ってしまう。

そのため、肩に長時間の負荷が加わってしまい痛みで目が覚めることに・・・

それでも施術を続けていくことでその痛みもすっかり取れた。


元々、テニスやゴルフ、水泳などスポーツをされているのでここまでくれば、再開して大丈夫!


放っておいて痛みが軽減されることはあるが、それは根本的に改善されたわけではない。

夜中に疼いて目が覚めるといった症状の場合は既に限界を超えてしまっているので、改善にはどうしてもそれなりの時間がかかってしまう。

どの症状でも同じことではあるが、特に四十肩・五十肩の場合は早期対処が一番である。



四十肩・五十肩のページはこちら
      ↓ ↓ ↓
どれみ自然整体院 四十肩・五十肩



*************************************************
         どれみ自然整体院
 ご予約・お問合せは:090-7890-6221
 ホームページ:どれみ自然整体院
*************************************************

拍手[0回]

 どれみです。

次第に暖かくなってきた。

西日本では春一番も吹き、肌寒いとは言いながらも比較的過ごしやすい気候になった。

さて、今回は五十肩の予備軍?の症例だ。
五十肩の症例は当院でも結構あるほうだが、今回始めての投稿となる。


40代 女性 主婦

2ヶ月くらい前から肩が痛くなってきた。

その頃から背中の左肩甲骨に重い感じを覚え、息をすると苦しく感じてきた。

左肩が普段でもたまに痛くなってくるが、特に夜間痛に悩まされ始めた。

元々、ご主人が別症状で当院で施術を受けており、相談を受けたので来院していただいた。


1回目の施術では特に左胸周りが触るのも痛い状態で大きく息をすると、胸と背中に痛みを感じた。

肩甲骨周りの筋肉の緊張もあり、左胸~左肩~左肩甲骨あたりをゆっくりと取っていった。

そうすれば、次第に触れるようになってきたので整体らしい?施術に切り替えた。
肋骨の動きも整え、施術が終わると息苦しい感じもなくなり、かなり楽になったようで、
徐に笑顔になってきた。

ただ、1回目の施術後は少しカラダがだるかったようだ。

実際には、触れないくらいの緊張があったくらいだから無理はないかと思う^^;

それにしてもあの状態から1回の施術でこんなにも回復するとは人間の持つ能力には驚かされる。

さて、2回目の施術では胸と肩の痛みは若干残っていたものの、最初のときのだるさはなかったようである。

3回目の施術の際は肩の夜間痛は若干残っていた。

原因は鎖骨から胸にかけての緊張だった。その部分を取って施術完了。

ここまでくればもう一息なのでがんばろう。

このまま放っておいたら確実に五十肩になっていたところであろう。

早めの対応で一安心。





良く似た症例はこちら
      ↓ ↓ ↓
背中の痛み


四十肩・五十肩のページはこちら
      ↓ ↓ ↓
どれみ自然整体院 四十肩・五十肩

拍手[2回]

プロフィール
HN:
どれみ
性別:
男性
職業:
整体師
自己紹介:
岡山県岡山市生まれ
コンピュータ会社を経て施術界の世界へ飛び込む。
連日当たり前の残業&徹夜で体調を崩し、退職を余儀なくされる。
現在は岡山と愛媛で開業中
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[08/06 名無しさん]
[06/19 宮本ちなつ]
[05/20 どれみ]
[05/20 どれみ]
[05/20 どれみ]
バーコード
ブログ内検索

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ

Copyright c [ 整体師どれみの一言うぇぶろぐ ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]